施工実績

薪ストーブと漆喰塗り壁で暮らす隣棟型2世帯の住まい(2期工事)
  • 計 画
  • 設 計
  • 施 工
  • 完 成

松本市で、「薪ストーブと漆喰塗りで暮らす隣棟型2世帯の住まい(2期工事)」
が始まりました。
基礎工事開始前に、地面に位置を確認する様子の写真

先に着工した住まいは、大工工事が終盤戦に差し掛かってくる中で、
2期工事として、隣棟になるもう一つの世帯の住まいが着工いたしました。
【1期工事の 隣棟型2世帯の住まいを見る】

薪ストーブと漆喰塗り壁で暮らす隣棟型2世帯の住まい(2期工事)の写真

建物位置がしっかりと確認できれば、建物の設置高さを確認しながら、
基礎の底になる部分をめがけて堀り進めていきます。
基礎工事掘削の様子写真

入念に転圧を施しながら、ベタ基礎の底になる形状を作ってきます。
ナガノでの家づくりの場合、11月にもあると寒さが厳しくなってきて、
コンクリートを扱う工事の場合には注意が必要です。

現場からも職人さんが、
捨コン工事を施した後に、養生として保温シートをかぶせて、
コンクリートが冷えすぎないように配慮をしてくださっています。
基礎工事の配筋の写真

捨コンが完了してから、基礎の配筋を施工していきます。
配筋が組みあがると、私たちが現場で検査をしてきます。

そして、見落とされがちで注意が必要なのが、防湿シートの破れ。
しっかりと、下の防湿シートの破れがないかもチェックしていきます。

どうしても、施工している時に破れないように気を付けてくださっていますが、
破れてしまう時もあるので、しっかりと確認をしていきます。

 

立上り部分の配筋が終わると、
今度は水平部分と、内部の基礎部分の鉄筋を配置していきます。
住宅用コンクリート基礎の鉄筋をくみ上げている様子

基礎の配筋が完了すると、
いよいよ基礎のコンクリートを打設していきます。

職人さんたちが確認しながら鉄筋を編み込んでいきます。
鉄筋の配置をした基礎
上部構造の間取りが開放的であればあるほど、
基礎の鉄筋の配置は強固なものになっていきます。

それゆえ、鉄筋の本数が増えていったり・・。
検査も、しっかりと本数を数えていきます。
基礎屋さんも一緒に、確認をしていきます。

数が多いので、鉄筋を結わえている箇所が、結わえそびれていたりすることもあるので、
指摘を出しながら、検査をしていきます。

補強すべき箇所にも、補強する鉄筋が無い場合は、指摘を出させていただき、
忘れないうちに、その場で鉄筋を追加してもらいます。

基礎の配筋を検査する様子

鉄筋の間隔も間違いがないか、写真で記録しつつ、確認をしていきます。

これが終われば、いよいよ、コンクリートを流し込みます!!

  • 計 画
  • 設 計
  • 施 工
  • 完 成

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

エコウィンハイブリット体験会~あたたかい暖房器具を体感しよう~