暮らしのコラム

パッシブ設計の住まいを、どうやって住み心地良く暮らしていくか。

ということも、

設計に加えて、お引き渡し後に重要なポイントになります。

 

そこで、

今回は、面倒な計算をしないでも、

スマホで快適性を測るツールをご紹介します。

その名も、、、

「快適を計算」

というアプリです。

アプリストアで検索すると、

無料でダウンロードできます。

 

アンドロイドも、iphoneも対応できます。

 

いくつか、

「絶対湿度」を割り出すためのアプリを使ってみましたが、

デザインと、操作性では、これが良いかなと、落ちきました。

 

快適性の目安も、絵文字で把握できることもわかりやすいです。

 

(以前は、「空気の計算機」をお勧めしていたかもしれません)

(「空気の計算機」もいいですが、「快適を計算」が目安を知るにはわかりやすいですね。)

 

今回、快適性のポイントにしているのは、

「絶対湿度」

という目安。

空気中(1立方メートル中)に、「何グラム」の水分が含まれているか?

ということが、人間が感じる、快適性、不快性の目安になります。

  

ざっくりですが、

空気線図の快適性からすると、

絶対湿度量が 8g~12g が 快適な基準の目安になります。

 

もちろん、細かいことを言えば、

着衣量や、風が当たる、年齢など、ほかの要素も関係しますので、

あくまで目安です。

 

ちなみに、私は、13g前後が快適に感じる時もあります。

 

実際に、使ってみると・・・。

 

そのまま、温度と湿度を入力してみました。

 

若干、不快指数が高くなりましたが、

室内は、それほど不快ではありません。

(ここに、個人差が生まれます。着衣量なども関係してきます) 

  

少し、暖かめがお好みの方は、

こちらもオススメかも。

でも、暑がりの方には、暑いかもしれません。 

 

少し、室温を下げて計算してみると、、

室温を20℃くらいにしてみると、

絶対湿度 が 9.5g/m3 程度になります。

ばっちり、快適帯に入ってきます。

 

これでも、問題はないです。

  

このアプリは、

画面の下の青いバーを触ることで、

温度と、湿度を簡単に調整することができるので、

目安の組み合わせを知るのに、ラクチンなのです。

  

これを使うことで、

エアコンを使いすぎてしまうのを抑えたり、

過度に空調しすぎないように、

省エネ性をより推進することも可能になるメリットが出てきます。

結局、

パッシブ という言葉に従うと、

できる限り、「自然でいる。」ということが大切かと思います。

 

動力エネルギーに頼りすぎると、アクティブになってしまいます。

できる限り、自然のエネルギーを最大限活かしていけるように、

暮らしの目安を見えるかすることも大切かと思います。

 

そのためにも、

「見える化」をしてあげて、把握することがおすすめです。

 

今回の内容は、

あくまで、「目安」です。

個人によっては、絶対湿度量がもう少し多い(少ない)方がいいな。

という方もいらっしゃると思います。

当然、季節によっても、着衣量によっても、

室内に何人いるか、によっても異なります。

 

自分や、家族が「快適」と思えるラインは、それぞれです。

自分たちらしい「快適」の基準を探すためのツールにしていきましょう。

  

そして、

少ないエネルギーで暮らせて、

子供たちの未来を残せる、地球をつくっていけたらいいね。

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

【断熱構造見学会】8月20日(土)、21日(日) 安曇野市内で 現場見学会