スタッフブログ

先日、松本市梓川梓の家さまにて、

5年目の定期点検にお伺いさせて頂きました。

建物回りもキレイにされていて、

点検も問題なし。

一部、室内の塗り壁にクラックが見受けられたので、

補修材を手配させて頂きました。

塗り壁は、後からメンテナンスしやすいのが良いところですよね。

そのほか、

定期点検では、建物の外の排水管の点検も行います。

蓋を開けて、中に異常がないかを検査していきます。

そのほかにも、

床下で、給水、給湯管が水漏れを起こしていないかも確認していきます。

床下も、きちんと空気が流れていて、

乾燥した状態が保たれています。

 

水道管なども、漏水の気配や跡も見受けられないので、

異常なしです。

 

英設計では、

お引渡しをさせて頂いたあとも、

定期点検などでお伺いをさせて頂き、

設計させて頂いたあとも、引き続き家守りを行わせて頂いています。 

車だって、人間だって定期的に検査が必要です。

建物も、建ててそのままの状態をキープするのはなかなか難しいものです。

点検が欠かせない!

点検も、設計をさせて頂いた設計事務所が先頭に立って行います。

それが、オープンシステムです。

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

【完成見学会】塩尻市 「帰りたくなるわが家、家族と過ごす やすらぎの住まい」