施工実績

薪ストーブと暮らす、隣棟型2世帯の住まい
  • 計 画
  • 設 計
  • 施 工
  • 完 成

松本市浅間温泉にて、新築住宅の着工が開始されました。

まずは、基礎をつくるために地面を掘り進めていきます。

完成時点の、地面の高さを想定しながら、

近隣の建物状況も考慮しながら、高さを決めていきます。

 

実は、ちょっとドキドキする瞬間です。

 

写真は、「やり方」といって、

基礎の中心ラインや、図面を現実世界の地面に描くための準備木材。

基礎工事が終わると解体されてしまいますが、

基礎をどこの位置に、作るか、基礎の一番高い場所はどこまでの高さで、

どこの基準からいくつの寸法にするのか、、などなど。

 

なんにも基準の無い中で、スタートするための大切な準備木材です。

 

基礎の深さを確認しながら、

コンクリートを打ち込む前の、鉄筋が配置されます。

この時点で、検査を行います。

コンクリートが流し込まれてしまうと、見えなくなってしまう部分。

このタイミングでしっかりと検査をして、図面と間違いがないかを確認していきます。

少々、図面と異なる部分があったりしましたが、
マイナスではなく、プラスに働く方向なので、検査として合格です。

 

コンクリートに隠れてしまう部分の検査が終われば、
コンクリートを流し込んでいきます。

コンクリートを流し込むときには、
バイブレーション(振動機)を使って、
コンクリートの中にある、隠れた空気を抜き出します。

しっかりと、隙間の無く、密なコンクリートに仕上げていくために大切なこと。

そして、
写真の中には、何人も人がいますが、
コンクリートを流し込む最中に、コンクリートの圧力によって、
型枠がずれないように抑えたり、確認して補正していくためです。

基礎の工事って、一発勝負がほとんどなので、
慎重かつ、その場でしっかりとポイントをおさえていくことが大切。

細かいようですが、こういったところも現場を確認しながらチェックしていきます。
見えなくなるところが一番大事。
これ、建築の基本です。

コンクリートが打設されるともうすぐ上棟です。

楽しみです。

 

基礎コンクリートの打設が完了すると、「型枠」を外します。

基礎コンクリートの完成。密実に打設されたコンクリートには、空隙が少なく、キレイに打設されています。

空隙を取り除いて打設されたコンクリートは、
「ジャンカ」とよばれるすき間が見当たらず、キレイに完成しています。

 

上棟を待つ、基礎コンクリート。アンカーボルトなどがきれいに施工されています。

基礎工事が完了すると、大工工事に移ります。

まずは大工さんが、

基礎の上に、土台の据付位置を記す「墨付け」を行います。

上棟前に大工さんが基礎の上に墨付けをする様子

土台の据付高さの確認、基礎の傾きや水平・垂直をしっかりと確認して、
土台据付当日にバタバタしないように、確認をしていきます。

 

基礎の天端高さも、ぴしゃり。
キレイに施工されていることが、大工さんからメールで報告されました。

 

次は、いよいよ大工工事が本格的に始まっていきます。
 
 

朝から、上棟のお清めを行って

いよいよ柱や梁などが組みあがっていく上棟の始まりです。

上棟工事を始める前に、お清めを行い、工事の安全を祈願する英設計

お祓い、お清めにはお施主様も一緒に参加をしていただきます。

 

上棟前お祓い、お清めを大切にする英設計

参加していただく応援大工さんにも、お祓いをしていただき、

いざ、上棟開始です!

 

英建築設計事務所の自由設計上棟の写真

木造住宅の上棟写真

クレーンを使いながら、大工さんたちが連携して、骨組みを組み立てていきます。

上棟の組み上げていく過程の写真

吹抜けの部分は、骨組みが強固に固定できるように、「登り梁」で固定。

少々コストアップしてしまいますが、

安心できる骨組みの形成がないと、住まいの構造はしっかりとした耐震を計画することが出来ません。

金額には、なかなか見えない部分もオープンシステムを採用することで、

設計の中身と、金額の中身がしっかりと確認することが出来、

こだわりたい部分にしっかりと注力することができ、コストの割り振りが明確になります。

 

上棟の時にしっかりと確認する、柱の垂直性

柱の垂直性をしっかりと確認していき、

大工さんと英設計で、ダブルチェックをして垂直に柱がたたっているかを確認していきます。

ここをしっかりと決めないと、建物がゆがんでしまいます。

 

屋根を支える金物確認

屋根を支える垂木と梁がしっかりと、指定した金物で固定されているかを確認します。

見えなくなる部分は、タイミングを逃さず、しっかりとチェックをしていきます。

これも、建築士の役目。

 

屋根の野地板を張り込んでいく

ここの、屋根の下地になる部分の材料もしっかりと確認していきます。

 

野地板検査の写真

野地板一つでも、刻印がされていて、

指定した内容を満たしているかをチェックしていきます。

 

こういった部分は、コストダウンの中で、対象にされてしまいそうですが、

雨風をしのぐ大切な屋根を支える部分。

合板の中でも「特類」という耐水性のある物を採用しています。

 

野地板の上にルーフィングを敷く

野地板が張り終わると、タイミングを合わせて屋根屋さんが登場。

 

大工さんが張り上げた、野地板を雨に濡らさないように、

ルーフィングという、防水シートを張っていきます。

夕刻が近づいてくる中での作業でしたが、慎重に進めていただき、

野地板を濡らすことがなく、施工することが出来ました。

 

上棟完了

上棟が無事に完了して、一安心です。

 

ここから、大工工事が本格的に始まっていきます。

 

 

 

  • 計 画
  • 設 計
  • 施 工
  • 完 成

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

【賢い住まいづくりの勉強会】防災型住宅~台風・地震・停電時に家族を守れる家・守れない家~