施工実績

自然を眺めるLDK、ロフトのあるキャンプハウス
  • 計 画
  • 設 計
  • 施 工
  • 完 成

【写真の様子は、コロナ緊急事態宣言発令前の時期になります】

【感染対策を実施しながらの開催となります。】

 

茅野市で、

新しい新築工事が着工いたします。

 

 

地鎮祭を行い、工事の安全を祈願いたしました。

英設計の地鎮祭では、

実際に工事を行う職人さんにも参加をしていただきます。

 

全員は無理なので、

代表して、大工さん、基礎屋さん、水道屋さんに参加していただきます。

 

地鎮祭

 

気持ちの良い天気の中、

神主さんの進行のもと、

背筋の伸びる、地鎮祭を行うことができました。

 

毎回、地鎮祭をするのですが、

何回行っても、

緊張するのが、地鎮祭だったりします。

 

しっかりと、工事の安全を祈願して、

写真をパチリ。

 

地鎮祭が完了すると、

場所を移動して、契約会を行います。

 

コロナウィルスの感染対策をしっかりと行いながら、

換気をしながらの顔合わせ会になります。

 

 

工事を担当する職人さんたちにも集まっていただき、

工事の注意事項や、施工の段取り、

設計上のこだわりポイントを共有していきます。

 

職人さん自身も、お客様の顔が見えて、

「誰のための工事なのか?」がしっかりと分かります。

 

設計者から、設計の意図や周辺の注意事項を共有していきます。

 

お施主様からも、住まいに対する想いを

職人さんに伝えていただき、共有していきます。

 

それぞれの職人さんたちからも、

お施主様にご挨拶をいただき、

 

現場で顔を合わせても、

お施主様だということが分かるようになります。

 

オープンシステムでは、

職人さんたちとも、「顔の見える」状態で

工事をスタートしていきます。

 

着工前のあいさつをかわして、

いよいよ、

茅野市で新しい住まいが着工します。

 

今回は、

スマート免震工法のSG工法も採用します。

 

みんなで、息を止めてパチリ。 

 

 

 

SG工法基礎工事着手

茅野市で、基礎工事がスタートしました。

今回は、ご両親様の敷地の一部で建築をさせていただく計画となりました。

ご両親様との生活も考慮しながらの設計となりました。

(最近、ご両親様の敷地での設計が増えてきました。)

 

標高も高く、地盤面から地表の凍り付く「凍結震度」も80cmもあるため、

基礎の掘削工事も深くなります。

 

英設計では、しっかりと凍結震度を確保した基礎の設計を行います。

意外と、こういったところも、

行われているかどうかを確認することも必要です。

 

茅野市で住宅の基礎工事

 

雪もつもるなか、地面を掘削していきます。

 

基礎の掘削検査

現場では、必要な基礎の掘削幅が確保されているかをしっかりと検査をしていきます。

 

住宅基礎の掘削検査

場所によって、

掘るべき深さを変えています。

 

敷地の条件から、高低差を解消するために工夫をしています。

 

SG工法施工前の検査

SG工法納品

地盤改良工事と、免震工法を併せ備えた、

「SG材」が現場に到着しました。

(黒いブロックみたいなものが、「SG材」)

(ペットボトルなどのリサイクル製品なので環境にやさしく、再利用も可能です)

 

到着数量を検査します。

休憩時間に、施工方法を業者さんと確認をしていきます。

 

 

(SG工法についてお知りになりたい方は、コチラ)

 

今回の計画では、地盤改良工事が必要になりましたが、

お施主様に、通常の改良工事の方法と、SG工法のご提案をさせていただきました。

 

コストと、補償内容を比較しつつ、

免震工法にもなる、もしもの時の補償内容の手厚さもあり、

SG工法を採用することになりました。

 

当社でのSG工法の採用がだんだんと増えてきました。

 

土木シート施工 SG工法

 

掘削したところに、「土木シート」を敷き込み、

SG材を並べて、再度土木シートでくるんでいきます。

 

基礎の下に入れ込むSG材。

目に見えなくなりますが、大きな安心が作りこまれていきます。

 

SG材敷き込み

 

 

今回採用した、SG工法は、

長野日報さんに取材を受けました。

 

SG工法の設置が終わると、

コンクリートを打設するための型枠を設置していきます。

 

信州は、地面から深いところまで基礎を入れる必要があります。

こういった部分もしっかりと施工を確認していきます。

 

設計している内容が現場で実現できているかを確認することが大切です。

 

しっかりと基礎が出せるされたら、

型枠を解体して、

上棟を迎えていきます。

 

基礎の深さがあるので、

型枠を外す作業も慎重に行っていきます。

上棟を目指して、大工さんが土台を施工していきます。

 

 

基礎が完成すると、土台を敷き足場を立てて

上棟を迎えるようになります。

 

材料たちも、出番を待っています。

 

クレーンが登場して、

いよいよ上棟です。

 

その前に、お施主様にて、

上棟前のお清めを行い、工事の安全を祈願していきます。

 

大工さんと天津代表もお清めに参加します。

 

クレーンを使いながら、大工さんたちの連携良く

スムーズにくみ上げていきます。

 

 

上棟が完了すると、

耐震のパネルを施工して、外部から防水処理を施していきます。

 

屋根の防水シートも施工をして、

雨漏れや下地合板が雨水に濡れてしまうのを防いでいきます。

 

内部でも、耐震の筋違や金物が取り付けられていきます。

 

構造の金物や施工が完了してくると、

構造のチェックに入っていきます。

 

 

ビスのピッチや、釘のピッチが設計書通りであるかを

現場で確認していきます。

 

使っているビスも適切なものかも確認します。

 

耐震の釘は、本数がとっても多いので、

どうしても、数か所不足があったり、

設計者として、ここはこうしておいてほしい。

という点も出てきたりします。

 

そういった点を現場で、大工さんと打合せを行いながら、

より良い施工になるように、ブラッシュアップをしていきます。

 

現場に赤い文字で、注意書きを補足したり、

注意してほしい点を改めて書いたりしていきます。

 

 

チェックし忘れたり、大工さんもほかのことをしていて

忘れてしまったりしないように、文字で書いておくと安心です。

 

 

構造金物のチェックが終わると、

第三者検査を行い、

瑕疵保険の検査を受けます。

 

同時に、お客様とも

スイッチコンセントの最終確認の打合せを行い、

現場にどこに、何カ所のコンセントが取り付けられるのかを

実際の場所に一緒に立ちながら、確認します。

 

時には、

その場で、ここは変更したほうが良いだろう。

という点もある時は、

変更の提案をしたりします。

 

変更する場所は、

ピンクのテープなどで、電気屋さんに伝わるように印をつけておきます。

 

 

スイッチ、コンセントの打合せも終わると、

断熱業者さんと、断熱材の施工確認の打合せを行います。

 

いよいよ断熱材の施工が始まります。

  • 計 画
  • 設 計
  • 施 工
  • 完 成

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

【完成見学会 満員御礼】  6月は断熱構造見学会のおしらせ