施工実績

夕食はコタツで団らん、家族を感じられる住まい
  • 計 画
  • 設 計
  • 施 工
  • 完 成

安曇野市で、新築の工事地鎮祭を行いました。

気持ちよく晴れた日。

肌が少し寒さにしみる、冬の朝。

常念岳と有明山が気持ちよく見渡せる中、

土地の神様に、これから行う新築工事の地鎮祭を行いました。

 

 

 

 

 

英設計のオープンシステムでは、

地鎮祭に担当していただく職人さんにも参加をしていただきます。

 

実際に工事をしていただく方とともに、お祓いをして、

工事の安全と無事の完成を祈願します。

 

 

 

 

地鎮祭が完了すると、

場所を移動して、工事契約会を行います。

 

コロナウィルス感染対策を徹底して、行いました。

 

工事の注意点や、周辺状況を確認しつつ、工事の前後処理や職人さん同士の情報共有を行います。

 

 

工事契約会には、お施主様にもご参加をいただきながら、

一緒にスケジュールの確認や、建築に対する期待や想いを職人さんにお伝えいただきます。

 

職人さんたちも、直接お施主様を知ることができて、

工事に熱がこもります。

 

注意すべき点は、黒板を使いながら、説明をしていきます。

 

 

最後に、契約書を取り交わしをさせていただき、

いよいよ工事がスタートします。

 

 

今回は、敷地に既設建物があるので、

解体工事からの監理スタートです。

 

英設計では、

既設の建物がある所歌でも、解体からの計画も可能です。

 

既設の建物があると、どのくらいのスペースが取れるのか、

日当りは大丈夫か、、、

といったことも一緒に検討してご計画させていただきます。

 

 

解体、整地までしっかりと確認させていただき、

いよいよ、基礎工事がスタートします。

 

初めに、基礎の位置出しを行い、

図面通りの位置に計画が可能かをしっかりと確認して、

基礎業者様と、基礎の据え付け高さも確認をしていきます。

 

ここの作業が、正直一番緊張します。。

 

重機で、建物の外周部分を掘削して、

正確に位置を出すための、「捨てコンクリート」を打設します。

 

この時に、水道業者さんにも連携して

工事を並行して進めていきます。

 

給水や、排水の準備をしていきます。

写真の中央右側が少しくぼんでいますが、

基礎の構造設計をする中で、

必要な基礎の大きさを検討していく中で、

地中梁などを採用して、建物の強度をしっかりと設計していきます。

 

ここも、図面通りに施工が出来ているかをしっかりと監理していきます。

 

鉄筋を組んで、型枠を施工していきます。

 

いよいよ、コンクリートを流し込んでいき、

基礎の形を決めていきます。

 

空気を抜きながら、密実なコンクリートになるように

施工をしていきます。

 

養生をして、乾燥をさせて今度は土台が乗る

立上り部分を施工していきます。

 

アンカーボルトなどが、既定の位置に入っているかを確認しながらチェックしていきます。

 

土台が乗る部分は、平らになるように、

水平保持剤(レベリング材)を流して施工精度を高めていきます。

 

この後、

高さの不均等な部分は、削り込みをしていきます。

型枠を組んで、基礎も終盤戦になります。

 

風が強い現場であったので、

夕方などに、ブルーシートが風に飛ばされている部分を止付けなおして、

養生を進めていきます。

 

型枠が外されると、基礎が完成です。

 

完成後の基礎も、高さの不整形などが無いかを再確認。

 

基礎に施工している、断熱材の剥離や寸足らずが無いかも確認していきます。

 

 

上棟を迎える準備のため、

基礎業者様から、水道設備様へバトンタッチされていきます。

 

 

 

 

ここから、いろいろな業者さんが出入りをしていきます。

 

なので、

現場で新しく施工されて、

傷つけられてしまいやすいか所に、注意喚起を施します。

 

現場の状況を確認しながら、

工事を進めていきます。

 

水道設備工事が必要な部分が完了すると、

いよいよ、上棟を迎えます。

 

 

上棟では、

朝から、お施主様にもご参加をいただきながら、

お清めから開始します。

 

コロナウィルス感染対策を徹底して、こちらも行っていきます。

 

大工さんの主導で進められていきます。

 

 

お祓いとお清めが完了すると、

いよいよ、上棟開始です。

 

天気も気持ちよく晴れて、

少し熱いくらいですが、安全第一で進めていきます。

 

大工さんたちが手際よく連携して、くみ上げていきます。

 

大工さんの作業の隙間を縫いながら、

細かい部分を確認していきます。

 

柱の垂直確認をしたり、

くみ上げ時に過度に割れが起きていないかを確認していきます。

 

 

 

安全管理も、現場を外から眺めている人の役目。

 

危険そうな施工にならないように、声掛けをしながら進めていきます。

単純なことですが、ヘルメットのかぶり方一つから、注意を投げかけていきます。

 

床の下地材の釘の止付け方も、

めり込みが過度にならないように、施工の丁寧さを求めながら、進めていきます。

 

 

 

 

屋根の下地合板がかぶされてしまう前に、

必要な金物が取り付けられているかを大工さんにも、チェックを求めていきます。

 

屋根の下地合板を施工したら、

防水ルーフィングを敷き込んでいきます。 

 

施工の重なり幅も確認して、

上棟の終盤戦を迎えていきます。

 

 

上棟が終わるころには、

夕日がきらり。

 

この日は、

翌日の雨に備えて、雨養生をして終わりを迎えます。

 

 

 

いよいよ、大工工事が本格的にスタートします。

  • 計 画
  • 設 計
  • 施 工
  • 完 成

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

【断熱構造見学会】 建築途中の壁の裏側を確認しよう