イベント情報

2019年12月14、15日

2日間にわたり、
お引渡しさせていただいたお客さまのご自宅にて
エコウィンハイブリッドの体験会を開催させていただきました。

体験会のレポートをお送りさせていただきます。

~平屋をベースに省エネ冷暖房のパッシブ設計の住まい~
でのエコウィンハイブリッドの体験会【1日目】

エコウィンハイブリッドの体験会の写真
実際にお引渡しさせていただいたご自宅での体験。
エコウィンの暖かさを確認しながら行いました。

エコウィンハイブリッド自体の発熱の感じ
エコウィンハイブリッド自体が発熱する輻射熱
エコウィンハイブリッド自体は、エアコンの熱動力のなかから、
活用しきれていない熱量を引っ張り出して、室内に還元することで、
冷暖房の効率をUPさせてくれます。

薪ストーブのようにパンチのある熱量にはなりません。
ですが、手で触ることが出来るくらいの温度で、
時間はかかりますが、
室内をじんわりと温めてくれます。

エコウィンを採用した室内の窓辺の写真
エコウィンハイブリッドを使用している室内の窓辺の温度を測定しています。
窓サッシ自体が、20.9℃となっているので、
ヒンヤリ感がほぼなく、窓辺も、太陽の光が入り込むと、
ポカポカしてきます。

床の温度も、写真のように21℃程度の温度を記録しております。
エコウィンハイブリッドを採用したご自宅の床の温度測定写真

続きまして、【2日目】
~音楽室と書斎のある住まい 将来は平屋として暮らせる家~

エコウィンハイブリッド体験会 2日目の写真
2日目は、1日目とは違うオーナー様のご自宅で体験会を開催させていただきました。

オーナー様見学会の写真

エコウィンハイブリッドをオーナー様にもご説明いただきました。
オーナー様も見学会の応援

エコウィンハイブリッドは、
薪ストーブのように、パンチのある暖房機ではないので、

室内がTシャツで過ごせるような環境ではありませんが、
じんわりと、暖かい室内空間を実現できます。
 

また、
薪ストーブは、冷房ができないのが最大の欠点。
エコウィンハイブリッドは、冷房でかつ除湿を行えることがさらにメリットになります。

 
来年の夏には、エコウィンハイブリッドの「夏場の体験会」もやってみたいなぁ。

冷房が直撃するのではなく、室内の「水分(湿度)」をコントロールすることが
快適に暮らすための必要な設計になると思います。

 
信州の冬場も、
温度と湿度(水分量)をコントロールすることがとても大切になります。
これからは、室内の水分量をコントロールできるようなご提案もさらにしていこうと思います。

 

 
次回の「賢い住まいづくりの勉強会」は、座学を予定しております。
開催日が、調整中となりますので、
確定次第、HPにて告知させていただきたいと思います。

お申し込み期間

※応募多数の場合は抽選となります。

場所

ご検討の方で、実際に詳細な説明をお聞きになりたい方は、
英設計までご連絡ください。

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

【完成見学会 終了】薪ストーブと暮らす、隣棟型2世帯の住まい 【次回勉強会告知あり】