暮らしのコラム

暮らしの中で、

住まいの広さを考えることはとても大切ですよね。


でも、

住まいの広さって、実は、どんなおうちでも同じではないのです。


「何っ?!」

どういうこと??! と思われる方も多いと思います。

 

実は、「35坪くらいどうしても必要だな。」

と思われている中でも、

余分な廊下などをそぎ落として、

間取りを整理することができると、

30坪近くにコンパクトにまとまることもあります。

 

35坪くらいから2~3坪コンパクトにすることができると、

それだけでもすっきりと変わることがあります。

 


今回お伝えしたいことは、

同じ要望をプランニングしても、

プランニング次第では、必要な建物の大きさが変わる! ということです。

つまり、

「30坪の住まい、という広さでも、のびのびし間取りも計画できる。」

ということにつながります。

 

といっても、

30坪で設計するとなると、

いろいろな部分が狭くなってしまう。。

 

というお話やご不安を聞くこともあります。

 

でも、

プランニングと設計の工夫次第で、「廊下」を限りなく小さくすることで

暮らしに必要な「収納スペース」を確保したり、

開放的な間取り、吹抜け。といったことも計画することができます。

 

これには、設計にコツがあるので、

お打合せをしっかりとすることが必要ですが、

実現できると、

建物の広さをコンパクトにすることができると、

室内を温めるための冷暖房エネルギーコストを抑えることにもつながり、

経済的にも快適になれることにつながりやすくなります。

  

同時に、建築コストも抑えることにもつながっていきます。

   


廊下という部分は、必要な部分でもありますが、

機能として、「廊下」という機能しか有さない場合は、

とても、建物を小さくしてしまう要因にもなってしまいます。

  
工夫しながら、コンパクトに暮らす住まい。

設計事務所と一緒にこだわりの住まいを計画してみませんか。

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

【完成見学会 満員御礼】  6月は断熱構造見学会のおしらせ