暮らしのコラム

広々とした開放感。

いいなぁ。とあこがれる部分もあると思います。

実際に、あこがれるけれど、

無駄に広いのも・・・

 

これって、すごく隣り合わせな要望なのです。

例えば、広々としたリビングを作るとして、

物理的な広さを確保することは、だれでも設計できると思います。

 

でも、家具を置いてみると、

ぽっかり空いた、空間があると、広いけど使い道がない。。。なんてことも。

  

でも、

ちょうどよい広さ。

が、保てると、心地よく暮らすことができます。

  

簡単に、そのポイントをお伝えすると、

①動線(人の通り道)がしっかりと分かる

②家具を置いてみて、家具が壁に設置できるように窓の配置・高さが決められている

 (家具を置いてみても、広さが感じ取れるレイアウトができる)

③部屋同士が廊下を隔てずにくっついていて、開放すると大空間になる。

  

シンプルだけど、作ろうと思うと、

ちょっとコツが必要な、広々リビングのプラン

 

ほかにも、テクニック的なことはあるけれど、

深堀しすぎると、マニアックになりすぎるので、割愛。

 

基本的なことは、

①~③が大切だと考えています。

他の要望とからみあい、やむを得ない場合もありますが、

できる限り、この3つは守るようにしています。

 

「廊下を減らす。」ということももっとも基本的な方法ですね。

 

家族にとって、ちょうどよい広さは、

掃除もしやすくて、家族の距離もちょうどいい。

広すぎないと、空調の効率もちょうどいい。

 

いろいろ、ちょうどいいのです。

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

【断熱構造見学会】8月20日(土)、21日(日) 安曇野市内で 現場見学会