暮らしのコラム

英設計では、

県外からの移住をご検討の方とのお打ち合わせが増えています。


松本・安曇野・塩尻・池田・茅野・原村などへの移住希望のご相談が増えてきました。


今回は、

移住をご検討中の方に向けて、コラムを書いてみたいと思います。



土地探しの進め方

まずは、どうしたらよいか、、、

ということで、「土地探し」について悩むことがあると思います。


ご夫婦どちらかが、長野県、信州にご縁があればわかりやすいのですが、

土地勘が無いとき、どうしたらよいか、悩んでしまうこともあると思います。


そんな時、お勧めしたいのが、

土地を探せる建築会社、設計事務所と一緒に進めることが良いと思います。


英設計も、一級建築士の設計事務所でありますが、

土地探しのお手伝いも行わせていただいております。


インターネット情報も良いが、現地にくるのもオススメ

最近は、インターネットで土地情報も集めることができますが、

やはり、現地で不動産業者さんに直接相談することで得られる情報もあります。


安曇野や、池田町は特に探し方に特徴があったりするので、

そういった点も、設計事務所など土地を探せる建築会社さんと一緒に進めることで、

インターネット情報ではわからなかったことや、

思いがけず、良い土地にめぐり会うこともあります。


景観の良いところ、山の見えるところを探すには・・・

景色の良いところをご検討される方も多いと思います。

そうなると、

なおさら、設計事務所など、土地を探せる建築会社さんと一緒に探すことをお勧めします。


なぜなら、

景色は、よいけれど、、、

この土地で建築は難しいですよ、、、

という土地もあったりするので、


不動産屋さんだけと打合せしていくと、

あとでびっくりすることもあったりします。

暮らしのイメージを一緒に持ってくれる、

設計事務所と一緒に土地探しをすることは重要です。

いきなり土地を探してはいけない!

まず、重要になるのは、

「暮らし方のイメージ」です。


暮らし方のイメージを設計事務所や建築会社と共有することで、

その土地が、お施主様の暮らし方が実現できるかを、

一緒にイメージしてくれるかが、重要です。


何でもかんでも、「この土地、いいですよ」となるとは限りません。


移住を検討していく中で、思い描く暮らしのイメージに即して、

この土地が適しているかどうか、を一緒に検討する設計事務所が重要です。

英設計では、

土地探しの前に、「コンセプトマップ」という、

暮らしのコンセプトを一緒に立案して、

イメージを共有する作業を行っています。


それから、土地を探していくと、

意外と、この土地もイメージに合うよね!

とか、

不動産屋さん自身も、土地を探すイメージの基準が出来たりして、

良い提案が生まれやすくなります。


最後は、ピンとくるかどうか

最終的に土地探しの中で、

大切なのは、ファーストインプレッションです。


直観的に、「いいな」と思うことも非常に重要なポイントだと思っています。



いかがでしたでしょうか。

信州の自然に好意を抱いていただき、

移住をご検討されるときは、

これから検討していく、「家」もイメージ延長におきつつ、


検討されている、住まいをイメージしながら、

建築会社と一緒に土地探しをしていかれることをおススメしています。


ぜひ、

土地探しの前に、家づくりのイメージも相談できる、

一級建築士事務所や建築会社さんと一緒に土地探しを進めていきましょう。



記事一覧へ戻る

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

2月は、2週連続で完成見学会を開催します。