暮らしのコラム

広くて、日当たりがよくて、、、
景色が最高な土地。。
そんな土地がいいなぁ~。

と、土地探しをされている方。

なかなか、希望の土地が出てこないなぁ・・・・。

と、毎日、インターネットで探されている方。

土地を探すためには、コツがあります。

ちょっとしたコツですが、知っていると知らないとでは、大違い。
でも、
不思議と、当社でご説明する方法を実践された方は、
120点まではいかなくても、
今まで探して見つけた土地が、60点だったとしたら、
90点くらいまでにはなるかもしれません。

実は、土地を探すためには順番必要な準備があります。
これをしっかりと行わないと、希望の土地に巡り合うことができません。

今回は、土地を探していくためのコツをお伝えするコラムになります。


土地を探そう。と思われたとき、
インターネットで検索をされると思います。

まずは、取り組みやすくて、
自由に検索できるので、行われると思います。

特に、信州では、「ココスマ」さん、という
優秀な土地紹介サイトがあるので、
at homeさんや、suumoさんよりも、
皆さま、「ココスマ」をチェックされていると思います。

実は、ココスマに掲載されている情報以外にも、
土地の資料を入手する方法があります。


でも、今回は、
もう少し前段階のお話を整理したいと思います。


冒頭にご説明させていただいた、内容から
必要な、「順番」「準備」があるということをご説明させていただきました。

それを、今回はご説明させていただきます。
これらに取り組んで、
初めて「ココスマ」以外から、土地資料をGETする方法が有効になってくるのです。

なんだか、セールス染みてきましたが、、、(笑)
そんなことはありません。
取り組むための「順番」と「準備」が必要なのです。
そんな、
土地探しに疲れてしまわれないように、お伝えしたいと思います。

では、それはどういったことを行うことが良いのか?

あくまで、
「自由設計」「注文住宅」で住まいをご計画の方に向けた方法をお伝えいたします。
(建売や、規格住宅をご希望の方には当てはまらないこともあるかもしれません)

箇条書きで示すと、、、
 ① 建物を含めた、総額の資金計画ができていること
 ② 土地を選ぶ「基準(ものさし)」を持ちましょう。
 ③ 土地探しの実績のある建築士と一緒に土地を探すこと
 ④ ○○○をチェックすること
 ⑤ ▲▲▲を行うこと。

という内容に集約されます。
残念ながら、④、⑤まで公開してしまうと、
他の会社さんでも実践されて、土地が見つけにくくなってしまいますので、
コラムではご紹介ができません。
(気になる方は、無料相談にて。お話をお伺いしながらご説明いたします)

「えっ?!」そんなこと?
と思われる方も多いと思いますが、
当社でご説明させていただき、取り組みをされた方は、
早い方では、1週間で土地を見つけられた方もいらっしゃいます。

意外と、「そんなこと?!」ということが、基本の「き」だったりするものです。

まず初めに、

「 ① 建物を含めた、総額の資金計画ができていること」

とあります。

土地もないのに、建物も計画していないのに、「総額なんてわからないよ?」
というお声も飛んできそうですが、
ここがとても大切です。


なぜなら、土地を探していくときに、
「いくらの土地にすべきなのか?」ということがわからないと、
対象物の無いものを探すことになります。

たとえば、
1000万円の土地がよいのか?
小学校が近い土地が良いのか?
駅が違い土地が良いのか? ・・・などなど、

土地を探していくための条件によっては、

そもそも、
「希望エリアに存在する土地なのか?」
ということも含め、
「建物を含めて金額が納まるのか?」ということを考えていないと、
探すことができず、
当てのない迷宮に迷い込むことになります。

実は、「気軽に土地を探しますよ~」でスタートするパターンから
行きつく先が、
下に書き記すような、迷宮入りのケースになるように感じています。


そして、
いくら探しても、出てこない、、、、
希望の土地に巡り合えない。。。
土地探しに疲れちゃった。。。 となることも。

これらは、探すといっても、
「何を」「どのエリアで」「いくらで」探してよいのかわからないことになり、
自分が何を探しているのかさえ、わからなくなってしまうことがあるようです。
これは、気の毒です。

そうならないように、
「 ① 建物を含めた、総額の資金計画を行うこと」はとても大切です。

家計のやりくりを預かる方にとっても、
全体像の予算がしっかりとわかることが安心にもつながっていきます。

総額の資金計画を検討していないと、
時には、、
土地は探したけど、高すぎて建物が満足いく内容では建築できない、、
なんてことも、、、

資金計画をして、土地を探して、
ちょっと高い金額の土地では、資金計画をやり直してみて、、、
まずは「資金計画が大切です。」



では、そうやって、いくつか新しく巡り合えた土地があったとしたとき、
次なる不安が出てきます。。。
それが、次のフェーズになります。


「② 土地を選ぶ「基準(ものさし)」を持ちましょう」

①を実践されてみて、
「さぁ、探すぞー!!」
といって、気合が入って、インターネットで情報を集めたり、
色々な土地を、現地を見に行った時に、起こりうる現象です。


「土地を見たけれど、どう良いのか、、わからない。。。」
「う~ん。この土地を買っていいものか・・・?(悩む)」などなど


こういった症状に悩んでしまうことも。

「この土地を買っていいものか・・・?」という症状が特にそうなのですが、
これは、
実現したい「こんな暮らしを実現したい」ということも
検討しておかないと、「基準(ものさし)」がないから、
土地を建築主が「はかる(判断)」ことができないからになります。

英設計では、こういったことに陥らないように、
行っていることがあります。


それが、「コンセプト設計(コンセプトマップ)」です。


どんな住まいにしたいのか?
どんな暮らしを実現したいのか?

設計事務所ならではの設計力で、住まいの新しい要望をコンセプトにまとめます。
「コンセプト」がご家族様で共有出来て、建築士も把握できると、
土地を探す情報力・巡り合える機会は、加速していきます。

(英設計では、「コンセプトづくり」を無料で行っています。)

→詳しくは、【家づくりの流れへ】(クリック)


そうして、「コンセプト」を基に、巡り合えた土地をじっくりと観察して、
判断していくなかで、「コンセプト」があると、
ご家族様どうしでも、土地のなんとなくの理想の形が見えてくるはずです。

そして、
今回の最後に登場するのが、

「 ③ 土地探しの実績のある建築士と一緒に土地を探すこと 」

ということになります。

土地を見つけてから、建築士を連れていくことが手順じゃないの?
と思われる方もいらっしゃいますが、そうではありません。

実は、
世の中の土地(分譲地)は、
どこでも、当たり前のように、住宅が建設できるように見えますが、
そうではありません。
その土地、その場所特有の規制や、法律が絡むケースがあり、

良さそうな広さの土地だけれど、
建物を建てるには、予想外の金額が別で必要になる。など。
思わぬハードルが現れることも、あります。


もしくは、②でおこなった、
「コンセプト」作りにもとづいた内容が、

「この土地は、○○ができるけど、▲▲はできにくいかも。」
「この土地は、明るくてとても良いけど、コンセプトにした●●はできないかも。。」

などが発生することも。
後者の場合は、「コンセプトを再度検討する。」ということもアリですが、

片方のコンセプトができるけど、もう片方のやりたかったことは
出来ないかもしれない。
など。
建築士だから提案でき、分析できることもあるのです。

時には、土地を踏まえて、
再度コンセプトを練り直すことも必要になります。


長文になってしまいましたが、
土地を探すうえで、
行き詰ってしまった、、、
ちょっと、土地探しにつかれた。。。

という方に、少しでもヒントになれましたら幸いです。

今回ご紹介した手順のほかにも、
大切な土地探しの必須手順もあります。

「こんな暮らしを実現したい。」
当社の住まいづくりに共感していただけた方は、
お気軽にご相談いただけましたら幸いです。

ご相談は無料です。

お気軽にお問合せフォームより。
(土日、平日もあらかじめご連絡いただけましたら調整可能です。)

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

エコウィンハイブリット体験会~あたたかい暖房器具を体感しよう~