スタッフブログ

松本市で着工中の高気密、高断熱の現場確認に伺いました。

大工工事が進捗しています。


外壁の杉板も、

ウッドロングエコ塗装が完了して、板張りが張られました。

杉板にウッドロングエコが施工されて、

いい感じに渋く色が変わります。


外壁の外回りも、

塗り壁の下地部分の施工が完了。


先日、現場検査で、

釘のうち忘れの部分の指摘を出した部分を再確認。

写真の赤丸の部分が、

釘のうち忘れ部分でした。

きちんと、釘を打ち込んでくれていましたので、OKです。


これで、外壁は塗り壁工事に移れます。



内部は、

大工さんが、断熱材の仕上げを行っていきます。


ぴっちりはめ込んでくれています。


良い感じです。

これで、床の施工準備が整いました。

床材も、出番を待ちわびているようです。

きちんと南側から、太陽の陽ざしが差し込んで、

リビングの中央に差し込み、床を暖めてくれます。


太陽に素直な設計をしつつ、周辺の建物から日影をもらわないように計画すること。

これが、まず第一に重要なポイントです。


周辺の建物から日影をもらわないように建物を計画すること、

でも、これをしっかりと計画することは結構難しいポイントです。。。



これについて、解説しているyoutube動画を作成しています。

興味のある方は、ぜひご覧ください。

記事一覧へ戻る

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

八ヶ岳 原村 薪ストーブで暖かく暮らすロフト付き平屋 完成見学会 【受付中】