スタッフブログ

こんにちは。

英設計の天津です。

自宅兼モデルハウスとして昨年12月に完成したパッシブハウス(認定申請予定)に住んで約2ヶ月経ちましたので、経過報告をしていきます。

信州(寒冷地)ならではの暮らしの工夫や良さもお伝え出来ればと思います。

まずはなにより、暖かい。

冬場は太陽の光を燦燦と取り入れることで2月の時期でも日中は26℃近くまで室温が上がることもあります。

松本市は晴天率が全国的にも高い為、太陽の恩恵のありがたみを特に感じられます。

床材は信州産の栗の木を使っており、広葉樹に部類されますが、硬すぎず柔らかすぎずでお気に入り。

太陽の光を沢山あびた無垢材は、ぽかぽかと暖かく心地良い歩き心地をもたらしてくれます。

↑ 2/3(土)の朝型7:00頃の床の表面温度をサーモカメラで撮影

外気:氷点下-2.7℃、室温:19.5℃

暖房:1Fリビングの6畳用エアコン1台 朝6:00から8:00頃まで25℃設定で稼働。

サーモカメラが若干数字の誤差がでますが、注目して頂きたいのが床面の温度ムラが少ない事。

朝起きて、裸足のまま歩き、冷たさを感じることなく、無垢床のサラサラを感じながら心地良く目覚められます。

開口部のある窓際は若干温度が低く出ていますが、著しく低いわけでもなく、木製サッシの断熱性の高さを証明してくれていますね。

床付加断熱30mmを通常の床断熱105mmの上に根太を入れずに全面に敷き並べていますので、断熱層が2層となり床下からの冷たい外気を防いでくれています。

↑床付加断熱施工写真(スタイロエースⅡ30mm)

↑床充填断熱(スタイロエースⅡ100mm+気密テープ張)

↑床の断面サンプル(上段が床付加断熱30mm、下段が充填断熱100mm)

信州は特に底冷えがするので、床の断熱強化は必須となりますね。

体感としても床の付加断熱はかなりおすすめです。

子どもたちも朝はすんなりと起きてきて、朝出かけるまでは裸足で過ごしています。

↑昨夜2/5(月)も雪が25cmほど積もりましたが暖かく快適でした。

寒い信州の暮らしが、より楽しめるようになりました。

—建物仕様—

【断熱仕様】

床:充填断熱スタイロエースⅡ100mm+付加断熱スタイロエースⅡ30mm

壁:充填断熱現場発泡ウレタンA種3 120mm+付加断熱EPS100mm

屋根:現場発泡ウレタンA種3 300mm

【窓仕様】

東と南面:高断熱木製サッシ トリプルガラス(キュレーショナ―)

北と西面:樹脂トリプルガラス(YKKAPW430) 

玄関ドア:木製玄関ドア(ユーロトレンド)

記事一覧へ戻る

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

八ヶ岳 原村 薪ストーブで暖かく暮らすロフト付き平屋 完成見学会 【受付中】