施工実績

家族の絆、つながる家事楽動線の家
  • 計 画
  • 設 計
  • 施 工
  • 完 成

「家事動線がいい家が欲しい。」

よく聞かれる言葉ですが、建て主さんのご要望はとても明確でした。

脱ぐ→洗う→干す→たたむ→しまう→着るがつながる動線でキッチンもつながっていて欲しい。」

そんなご要望から、本計画がスタートしました。

 

会話をいくつか重ねながら、要望をくみ取っていきます。

こだわりの要望があるほど、設計者もワクワクします。

 

建物の大きさも抑えつつ、機能的な住まいにする為に、

今回の計画で大切にしたことは、【兼ねる】です。

 

 

脱衣室と洗面所と物干し場とファミリークロークを一室にまとめることで、

「ただいま」と帰ってきてから、着替えるのも良いですし、

すぐにお風呂に入ることも出来ます。

 

洗濯機へ放り込まれた衣類は、夜に洗って室内干し場へ。

南面の大開口で乾かされた衣類は洗面化粧台横の作業台でたたまれ、すぐ脇のファミリークロークへ。

 

 

 

暮らしを一緒にイメージしながら計画していきます。

松本市で、「家族の絆、つながる家事楽動線の家」の

契約会・地鎮祭を執り行いました。

松本市で新しい住まいが着工します。

 

天気のよいなか、

工事の安全を祈願して地鎮祭が執り行われました。

 

 

 

 

お祓いとお清めを行って、

無事に地鎮祭を執り行うことができました。

 

コロナウィルスの感染対策をしながらの、

地鎮祭でした。

 

今度は、

場所を移動して、工事着工前の工事内容確認と

契約会になります。

 

こちらも、感染対策をしっかりと行い、

工事内容を

実際に施工を担当する職人さんたちと確認をしていきます。

 

 

 

工事を担当いただく職人さんたちも、

実際にお施主様とあいさつを交わしながら、

「この方たちにつくってもらうんだなぁ」

と実感を抱きながら、

工事の着工前の最終確認を行っていきます。

 

 

職人さんたちからも挨拶をいただき、

自己紹介を交わしていきます。

 

実際に工事現場で顔を合わせて、

初めまして・・・

 

ということにならないように、

事前に、自己紹介。

 

 

お施主様からも、

職人さんたちに向けて、メッセージをお伝えいただきます。

 

お施主様が、どういった想いで工事を楽しみにされているかを、

職人さんたちにも感じ取ってもらいながら、

実際の工事を進めてもらいます。

 

最後に、集合写真をパチリ。

 

いよいよ工事がスタートしていきます。

 

 

 

 

松本市の「家族の絆つながる家事楽動線の家」が着工しました。

 

松本市の中でも、少し寒さのある地域での工事です。

年末に向けて、年内に基礎工事の完成を目指して工事を進めていきます。

 

 

基礎の位置をしっかりと定めて、

まずは、重機で掘削をしていきます。

 

掘削の残土を敷地内で丁寧にまとめていきます。

 

土を掘り進めると、

掘り込んだ深さを確認していきます。

 

設計図通りであるかをチェックしていきます。

 

掘り進めている深さに間違いが無いか、

設計図で指定している高さと比較しながら、

掘りこむ底の高さ(深さ)を確認していきます。

 

堀込が完了すると、

基礎の下の地面から、「湿気」が上がってこないように

防湿シートを施工して、

湿気の上昇をシャットアウトしていきます。

 

 

コンクリートの補強となる、鉄筋をくみ上げていきます。

 

 

鉄筋の組み上げが完了すると、

コンクリートを流し込む前の検査を行っていきます。

 

ココが、緊張する場面。

 

コンクリートを流し込んでしまうと、

やり直しがききにくいので、慎重に検査をしていきます。

  

基礎の配筋を設計図面で本数や、ピッチ、

どんな種類を使うのかを指定しているので、

細かく検査をしていきます。

 

問題なくOKでした。

 

鉄筋の強度や耐久性にも影響をする、

鉄筋に対して、コンクリートがどの程度の厚みで

覆いかぶさっているか?

もしっかりと検査していきます。

 

職人さんも確認をしているのですが、

ヒューマンエラーを防止するために、

2重のチェックをして、

気になる場合には、指摘を出したりもして、微調整をしてもらいます。

 

床下の点検用には、

一部、基礎が切り取られる部分も存在します。

 

こういった部分は、

国の出している基準が最低限なので、

そこに頼り切らず、

強度計算を行いながら、補強するのに必要な鉄筋を増やしていきます。

 

同時に、

下水配管など、基礎を貫通する部分は鉄筋の補強工事を行い、

施工をチェックしていきます。

 

 

こういった順序で、コンクリートの基礎が進んでいきます。

 

 

コンクリートを打設して、

温度が低くなりすぎないように、

養生をして、夜間の温度低下による、

硬化不良を防ぎながら、施工を進めていきます。

 

 

底盤のコンクリートが完了すると、

土台を乗せるための、立ち上がりのコンクリートを施工するための

型枠を起こしていきます。

 

ボルトや、金物がとりつく場所は、

専用の固定金具で固定して、

位置を確認していきます。

 

そして、改めて

コンクリートを流し込んでいきます。

 

土台が乗る部分は、

平らに仕上げることが大切です。

 

平らに仕上がるための専用材を流し込み、

基礎の仕上げ工事になります。

 

そして、

さらに乾燥養生させて、基礎工事の完了になります。

綺麗に仕上がりました。

 

基礎工事が完了すると、次は、

給排水衛生工事にバトンをつないでいきます。

 

雪がふったりと、

天候に左右されながらの工事になりますが、

水道屋さんも、雪かきをしながら施工に臨んでくれています。

 

屋外の排水は、

勾配をしっかりと確保しながら、

排水にも既定の深さがあるので、地面から深く掘り込んだところに

排水パイプを設置していきます。

 

外回りの排水配管が完了すると、

床下のお水、お湯の配管を施工していきます。

 

床下の施工も、一括で配管をまとめる

ヘッダー工法を採用しています。

途中でのつなぎやジョイントを作らない施工で、

床下での水漏れを防ぎます。

 

床下の配管工事が完了すると、

もうすぐ大工さんが登場します。

 

水道設備工事が完了して、

いよいよ大工さんが、土台を施工していきます。

基礎の上に、床下地を施工して、床断熱材を取り付けていきます。

 

 

土台の上から、水平のレベルを出して、

床の下地を施工していきます。

 

土台伏せが完了すると、養生をして、いよいよ上棟です。

 

 

 

 

大工さんの連携で、着々と組み上げていきます。

 

大工さんの施工の隙間を縫って、

柱の垂直をチェック。

 

ここをしっかりとチェックすることで、

構造躯体のゆがみを防いでいきます。

  

2階の床下地合板も施工されていきます。

 

1階の屋根と、取り合う部分は、

先行して耐力壁パネルを施工していきます。

 

施工性だけを優先するのではなく、きちんとした耐震を確保するために

必要な施工も重要。

結露防止の屋根通気がきちんと確保できるか、

屋根合板の施工位置(隙間があいているか)もチェックしていきます。

 

耐震等級3にこだわって施工をしていくことが重要です。

そして、断熱・結露にもこだわりを持って施工していくことも大切です。

そこには、大工さんの連携や協力が不可欠なのです。

 

雨仕舞、養生をして、上棟が完了していきます。

 

いよいよ、大工さんの作業が本格的にスタートしていきます。

 

窓サッシが取り付けられていきます。

そして、外壁の防水シートを施工して、雨漏れを防止するための施工を進めていきます。

 

屋根屋さんも、屋根の防水処理を行い、

屋根板金を仕上げていきます。

 

 

外壁と屋根がぶつかるところ(とりあい)も

防水処理がきちんとできているかをチェックしていきます。

 

職人さんからも、施工の報告をもらいながら、現場を確認していきます。

 

上棟が完了すると、大工さんと電気屋さんが

断熱材施工に向けて下地の準備を進めていきます。

 

 

電気屋さんに施工の確認をしながら、

構造金物のチェックを弊社代表がが進めていきます。

 

断熱材の下地施工の完了を経て、いよいよ断熱材を施工していきます。

 

断熱材もきれいに施工され、

いよいよ大工さんが本格的に下地をくみ上げて、室内のボード張の作業に入っていきます。

 

その前に、

英設計では、現場の気密測定を行い、断熱・気密処理が適切に行われているかを確認します。

 

今回は、お施主様にもご参加いただきながら、

どんな様子なのかを体感していただくことができました。

 

実際に測定の様子を確認していただきながら、

気密の弱点になるところを、ご説明させていただきながらの検査になりました。

 

結果は、C値=0.2

一発目の測定でも、問題ない結果となりました。

 

気密の弱点のさらなる施工補強を行い、

仕上げの確認測定では、「測定不能」のレベルになれました。

 

測定不能が合格ではないのですが、

C値=0.2以下であれば、問題ないです。

 

良い結果になり、良かったです。

 

これで、大工さんも室内の壁の下地施工を進めていくことができます。

 

  • 計 画
  • 設 計
  • 施 工
  • 完 成

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

【完成見学会 満員御礼】  6月は断熱構造見学会のおしらせ