施工実績

仕事終わりにくつろげる家族もネコ好きな家
  • 計 画
  • 設 計
  • 施 工
  • 完 成

仕事終わりにくつろげる家族もネコ好きな家。
温かい住まいのもと、家族とネコちゃんが程よい距離でくつろげる住まいが着工いたします。

先日、地鎮祭を執り行わせていただきました。
地鎮祭 オープンシステム

オープンシステムの地鎮祭

お施主様と、工事を担当する職人さんにもご参加いただき地鎮祭を執り行いました。

着工前の写真

地鎮祭が無事に執り行われ、お祓いをしていただきました。
地鎮祭が終わると、場所を移動して、
工事を担当していただく職人さんたちと顔合わせの契約会を開催いたします。

オープンシステムの契約会の様子

住宅のオープンシステム契約会の様子

実際に工事を担当していただく職人さんたちからも、
工事にむけた思いをあいさつに込めていただきます。

オープンシステム着工前記念撮影

さあ、いよいよ「仕事終わりにくつろげる家族もネコ好きな家」が着工します。

まずは、基礎工事着手前に現場で建物の配置位置など、
現場で確認打合せを行って、工事に臨みます。

どうしても、図面で検討している内容と、
現場で寸法を出してみると、調整が必要になる場合があります。

しっかりと、天津君が基礎業者に指示を出していきます。

オープンシステム基礎工事着手前打合せの様子写真 
建物の配置位置を確認して、
いよいよ、地面を掘削していきます。

 

オープンシステム基礎掘方の写真

 

基礎残土の搬出の様子写真

基礎のコンクリートを打設する部分に必要な土を掘り起こし、
不要になってしまう、土をダンプに乗せ換えていきます。

 

基礎外周の梁の様子写真

建物の外壁部分にあたるところは、地面から深く基礎梁を作っていきます。

外周部分は、耐力壁になる部分も多いため、
しっかりと地震や揺れ荷重にも耐えられるように深さを持った基礎を配置していきます。

同時に、冬場の凍結によって、
建物が凍み上がり、持ち上がることを防ぎます。

この部分は、
知らないうちにコストカットの対象にされていたり、
全国規模の代理店で、全国的に同じ仕様で設計されていると、
信州の寒さには適応できなかったりするので、
見えないところですが、注意が必要です。

 

べた基礎の外周部の様子写真

写真の中心に見える青い管は、
水道の配管用の通路になるための管をあらかじめ埋設した状態です。

水道管が直接コンクリートで固められてしまい、
将来的に、水道管の抜き差しや、管のメンテナンス・入れ替えなどが
出来なくなってしまうのを防ぐために、
刀のサヤのように抜き差しをするための通路になる役割を果たします。

 

べた基礎で不要な残土を搬出している様子写真

必要な掘削が完了すると、
外壁の中心線を出すための、柱の中心位置をレーザーで割り出していきます。

そして、「捨てコンクリート」と呼ばれる、
地面に位置を割り出すためのコンクリートの上に、柱の中心位置を記していきます。

捨てコンクリートを打設して基礎の通り芯を一出しした様子写真

そこに、いよいよ基礎コンクリートの中に配置される、
鉄筋をくみ上げていきます。

捨てコンクリート完了の様子
写真で撮ると地味な写真ですが、
とても精度が要求される作業を行っています。

べた基礎の鉄筋の配置写真
黒い線のように見えるものが、コンクリートの中に入ってしまう、
鉄筋。

太さも長さも異なる材料を、必要な強度が出るように配置していきます。
基礎屋さんが現場で必要な材料を編み込んでいきます。

 

べた基礎の鉄筋を行っている様子

基礎業者さんに、鉄筋の配置確認で質疑を受けながら、
間違いのない施工になるようにこちらからも質疑に応答して、
現場を進めていきます。

ここで、質疑をしながら現場を進めてくれることが大切。

 

「こんなもんだろう。」

「俺の経験では、こうだ。」ではなく、

お客様と打合せをしている内容をベースに、
疑問があれば、質疑をして、内容を確認しつつ、
経験上、こうしたほうがより良くなるのでは?
という
アドバイスなどを踏まえながら打合せをしながら現場を進めていきます。

べた基礎の配筋写真

適材適所という言葉があるように、
基礎の中に埋まって、見えなくなってしまう鉄筋にも、
必要な間隔で配置をされるルールが存在します。

写真でも、手前と奥の鉄筋の量が異なることがわかると思います。

南側の大空間を取りたいところは、
鉄筋が密に配置をされ、北側の空間が細かく分かれるところは、
鉄筋の間隔が広くなります。

まんべんなく、配置をするだけではなく、
必要な場所に、必要な量がしっかりと判断できることが大切です。

鉄筋の間隔をシッカリと検討する
ここも、経験や勘・感覚ではなく、
「基礎の構造計算」を行って、必要な鉄筋の間隔を決めていきます。

 

この状態は、施工の途中のため、
鉄筋の配置完了の報告を受けてから、鉄筋の検査を行い、
コンクリートを打ち込んでいきます。

後日、鉄筋の配置が完了した旨の基礎業者様から連絡を受けて、
現場で鉄筋の組立検査を行いました。

 

設計事務所が鉄筋の検査を行う様子写真
メジャーを当てて、
図面通りの間隔になっているかを確認していく作業を行います。

英設計が行う基礎コンクリート工事の鉄筋検査の様子写真

鉄筋が適切かどうかは、水平面だけではなく、鉛直面の配置も確認をしていきます。

写真に針金のような結束線がありますが、番線と呼ばれるもので、
これも、規定の結束数や箇所があるかを確認していきます。

数が多いものほど、抜けてしまったりすることがあるので、注意深く検査をしていきます。
鉄筋の上を歩いてみたりして、安定しているか、結束の抜けがないか?を確かめていきます。

気を付けて施工をしていても、どうしても、「忘れ」、「抜け」は出てしまうことがあります。

そんなポイントを、見落とさないように検査をしていきます。
施工した職人さんと、検査をする人が変わることで、そのようなことを見落とさないようにしていきます。

今回は、無事にOK!

最後に、
耐圧盤の下の防湿フィルムに破れがないかを確認していきます。

基礎コンクリートの検査の様子写真

いよいよ、コンクリートを打ち込むため、ポンプ車を用意して、
コンクリートが打設されていきます。

ビニールフィルムの下が結露している様子が分かります。
基礎の下から湿気が上がらないようにブロックしてくれている防湿フィルムの効果です。

ベタ基礎では、防湿フィルムが無くてもよいのですが、
コンクリートの施工上、水分のある土に接してしまうことを考慮すると、
ここのフィルムは施工しておいた方が良いです。

このあたりは、図面や国の仕様基準をそのまま採用するのではなく、
現実世界と、求めていきたい住宅性能を結び付けるために設計する技術が求められていきます。

基礎業者からの報告写真
配筋が完了して、コンクリートの打設が出来るようになった旨、
現場の基礎コンクリート業者様から写真の報告が届きます。

オープンシステム」では、直接現場の職人さんからも
報告の写真がメールと一緒に届くので、
お施主様の、現場の様子が「見える化」されていきます。

 

基礎コンクリートの打設の様子写真
コンクリートを流し込む時の圧力がすごいので、
外側からも型枠が動かないかを確認する人と、内側からコンクリートの内部の空気を抜くために
バイブレーション(振動機)を掛けていく人とに分かれて作業をしていきます。

コンクリートを均していく様子写真

コンクリートが流し込まれたら、
表面を均一に均していきます。

 

耐圧盤の施工完了の様子写真
基礎コンクリートの1回目の打設が完了した様子です。
基礎業者様から報告の写真が上がってきました。

次は、立上りの型枠を起こしていきます。
治具を使ってアンカーを固定していく様子
次は、土台が乗るための基礎の立上り部分を確認していきます。

治具を使って、規定の離れや距離が確保されているかをチェックしていきます。

立上りの型枠完了の様子写真
立上りの型枠が完了した様子の写真です。

そして、
2回目のコンクリートの打ち込みを行っていきます。

立上りコンクリートの打設の様子写真

立上りコンクリートの打ち込みの様子写真
ここでも、手分けしてコンクリートの打設を行っていきます。

基礎の天端を均す作業の写真
全体的に、コンクリートの打設が完了したら、
今度は、土台が乗る部分を平らにするためにレベリング材を施工していきます。

養生をして、コンクリートが乾燥するのを待ちます

作業が完了すると、基礎の打設が終わりになります。

養生をして、コンクリートが乾燥するために時間を置いていきます。

乾燥が完了すると、いよいよ型枠を外して、
水道設備業者と大工さんにバトンタッチです!

もうすぐ上棟だ!

 

基礎の養生が無事に終わると、型枠を外していきます。

基礎型枠を外していく写真 

アンカーボルトにゴミなどが詰まらないように、
ボルトの先端にも養生をして、丁寧に型枠を外していきます。

 

キレイなコンクリート基礎の仕上がり写真

 

型枠を外した後にも、仕上がりの状態を「検測」した報告写真が、

基礎業者さんから、お施主さまをはじめとした、全業者へメーリングリストで配信されます。

基礎の仕上がりを確認する検測の写真

英設計のオープンシステムでは、「建築工事の見える化」に全力で取り組んでいます。

 

同時に、職人さんたちの現場での「こだわり」を実感していただきたい。

そんな思いでも取り組んでいます。

 

養生期間中でも、もちろん、お施主様も現場で確認いただけます。

現場の進捗をご説明する天津君。

現場で打合せする様子写真

青空のもと、

基礎の完成を待つ瞬間です。

 

基礎工事が完了した写真

型枠の回収と、周辺の埋め戻しが完了して、基礎工事が完了しました。

ここから、床下の内部配管が開始されていきます。

 

給排水設備配管の様子写真

 

床下の配管が完了すると、

いよいよ大工さんが土台を敷き込んでいきます。

 

仕事終わりにくつろげる家族も猫も好きな家 土台敷きの様子写真 土台のアンカーボルトは中心に施工

土台を固定するためのアンカーボルトも

土台の中心に止付けられるようにしていきます。

 

基礎の精度が重要です。

 

鋼製束の写真

床下を支える「鋼製束」

見えないところですが、

コストダウンのために、プラスチック製の「プラ束」もありますが、

永きにわたり、住まいの床を支える部分なので、

鋼の束を採用しています。

 

あとで直せないところは、しっかりとしたものを採用していきます。

 

土台が敷きこまれて様子

 

敷き込みがおわると、上棟を待ちわびるように

養生されて、その時を待ちます。

 

土台が敷きこまれて養生された様子の写真

現場には、材料が次々に搬入されてきます。

 

材料が搬入されている様子の写真

 

そして、

いよいよ上棟です!

 

木造住宅上棟の写真

日の短い時期での上棟の場合、

1階部分は、事前に柱を建て起こしている状態でスタートさせていただきます。

 

上棟の材料をクレーンで持ち上げていく様子写真

クレーンで材料を建物の中に吊りこんで搬入していきます。

上棟している様子写真

 

柱を建て起こしている様子の写真

柱がきちんと垂直に建ておこされているかをチェックします。

 

柱の垂直をチェックしている様子の写真

木造住宅の場合、

柱や梁は無垢材で制作しているため、

どうしても、反りや曲がりがあります。

 

細かいことを考えなければ、

そのまま建築していくことも可能ですが、、、

仕上げ工事が進んでいくにつれて、

建具が曲がっている。。。なんてこもと。。。

 

そんなことが無いように、

上棟の時に、柱と梁の水平・垂直をきちんと確認して進めていきます。

 

仕上がりをきれいにするためには、きちんとした準備が必要なのです。

 

上棟時にもお施主様にご説明している様子写真

天津君が、お施主様に上棟の進捗や、

「こういったところが工夫されているところです。」など

ご説明している様子です。

 

大切な上棟日。

少しでも発見があったら嬉しいです。

 

大工さんの上棟の様子写真

現場で寸法を確認しながら、

細かいところも現場で素早く対応していくのが大工さんのすごいところです。

 

大工さんが連携していく様子写真

声を掛け合いながら、連携して組み上げていくのは、

とても気持ちよく、素敵だな。と思う瞬間です。

 

屋根工事も夕方から施工されていきます。

野地板の合板の上に、防水用のルーフィングを敷き込んで

雨対策もおこなって、上棟を完了としていきます。

屋根にルーフィングを敷き込んだ写真

 

上棟完了後に養生をして翌日を迎える様子の写真

 

上棟が完了して、

いよいよ、大工工事がスタートしていきます。

 

まずは、外壁の囲いからして雨養生をしていきます。

外壁の耐力壁面材を張り込んでいき、

遮熱効果のある、「タイベックシルバー」を建物の周りに張っていきます。

 

外壁の耐力壁面材も、

コストを抑えるなら、「構造用合板」がお値打ちですが、

信州で設計する場合、非常に相性の悪い商品です。

 

俗にいう、「壁内結露」を誘発しかねない材料です。

 

住宅で設計するならば、外壁に構造用合板は

おススメできません。

 

もっと透湿性の良い、

ダイライト、ハイベストウッド、モイス、タイガーEXなどがおススメです。

 

タイベックシルバーを張った様子の写真 

遮熱効果のあるタイベックシルバーの写真

 

屋根も、早い段階で施工されて、雨漏れの心配を無くします。

屋根が施工された様子の写真

屋根が完了すると、

大工さんも内部の断熱材の下地工事を始めていき、

断熱材が施工できる準備をしていきます。

 

内部の大工工事も進めます

 

断熱工事が行われる前に、

現場では、スイッチとコンセントの位置確認の打合せが行われます。

 

現場では、天津君が一か所ずつ確認をして

現場では、指示に合わせて電気屋さんが修正をしていきます。

現場でスイッチ・コンセントの確認打ち合わせ

コンセントは、現代ではとても重要な生活ツールの一つ。

 

スマートフォン、パソコン、ドライヤー、掃除機、、

などなど。

 

お客様ごとによって、

生活の形態が異なるので、一棟ずつ、

現場できちんと確認をしていきます。

 

同時に、エアコンの取付位置も、

現場の空間に立って、

最終的な位置を判断していきます。

 

「図面に書いてあるから、こう。」

ではなくて、

「本当にどれが最適なのか?」ということを

建築主の立場に立って検討していきます。

 

 

「こっちのほうがいいかも・・・。」

という点は、正直に図面と位置が変わっても、

建築主に相談していきます。

「言ってくれたらよかったのに、、、」

とならないように、気づいたことは、

オープンに相談していきます。

気づいたことを現場で建築主に相談する様子

 

変更内容を踏まえて、

その場で電気屋さんに伝達。

あるいは、現場に直接メモ書きをして、指示を残します。

変更する電気業者の様子

配線をやり直す様子の写真

 

この日は、

洗面化粧台の照明計画について、

ご相談をいただき、修正することになりました。

 

現場に立って、初めてわかることもあります。

その時に、「こうしたい。」

に対して、「大丈夫ですよ。変更しましょう。」

 

となれるように、

なるべく早めの打合せを行うとともに、

現場を一緒に見るように心がけていきます。

照明計画を変更する様子の写真

 

大工さんは、内部が打合せの時には、外部工事を・・・

 

玄関のひさしを取り付けてくれています。

 

今回は、シンプルな庇型の屋根。

玄関庇の様子写真

 

少々、奥行の長い玄関庇。

長さもあって、駐車場から伸びて玄関へ誘導する庇を

デザインさせていただきました。

 

雨漏れも配慮して、防水処置も大工さんが丁寧に

行ってくれています。

 

電気打合せが終われば、断熱気密工事に入ります。

 

断熱工事業者の写真断熱気密工事の様子写真断熱気密工事の様子写真

 

設計で指示している厚み以上になるように

施工をしていきます。

 

断熱工事が終わると、いよいよ気密測定を行います。

  • 計 画
  • 設 計
  • 施 工
  • 完 成

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

4月イベント 正しい家づくりの進め方 |賢い住まいづくりの勉強会 WEBセミナー