暮らしのコラム

気密測定の結果写真

光熱費を抑えられる暮らしを目指したい。

そう希望される方が多くいらっしゃると思います。

けれど、

意外と、断熱性能だけに目が行きがちですが、

断熱性能を語るうえで、そのまえに気密性能がきちんと担保されていないと

効果が減ってしまいます。

いくら断熱したとしても、隙間風の多い断熱になってしまうと、

思ったほどに効果が出ない。。なんてことも?!

 

結構、気密性能をしっかりと確保して、断熱性能を向上させることが

基本になります。

そのためには、ぜひ、工事中の気密測定と気密欠損の確認をお勧めします。

気密測定の様子写真
気密検査中の様子写真

工事中に、気密もれが分かれば、手当てができます。

「図面通りの標準仕様ですから。大丈夫です。」

「全国一律同じ基準ですから、大丈夫です。」ということではなく、

カタログや、基本標準ではなく、

気密性能は、現場の施工精度の尺度としてもとらえることができます。

しっかりとした気密が確保できれば、

より良い断熱性能が発揮されます。

また、気密性能は、「C値(シーチ)」を読み取ることになりますが、

実は、C値以外にも、見るべき指標があります。

(あまり知らない方多いようですが・・・。)

同じ、C値=0.2であったとしても、

細かくみてみると知っておくべきポイントがあります。

それは、

住まいの構造が、「床断熱」なのか、「基礎断熱」なのか、

という注意が必要です。

基本的には、基礎断熱の方が、C値の性能が良くなりがちです。

床下の基礎空間も室内の体積としてみなすことができるため、

床断熱工法よりも、基礎断熱工法の方が無条件でよくなります。

仮に、

同じ建物で延べ床面積が、103㎥(立米)として、

1階に、床下空間、50㎡x50cm(床下空間0.5m)=25㎥(立米)の

体積が基礎断熱工法の場合は、無条件で追加されます。

基礎断熱工法の場合は、この体積が延べ床面積に変換されて加算されます。

これを天井高さ2.6mで割り戻します。

すると、9.615㎡(平米)分面積の大きい住宅となります。

建物全体の隙間が、26cm2(平方センチ)であったとすると、

26cm2 ÷ 103㎥(立米)=0.252(C値)→ 0.3(四捨五入)

となります、

これが、基礎断熱となると、

基準床面積が、103㎥+9.6㎥となり、112.6㎥となります。

C値を計算すると、

26cm2 ÷ 112.6㎥(立米)=0.23(C値)→ 0.2(四捨五入) 

建物の隙間が同じであっても、

体積が多くなる基礎断熱工法の場合は、

C値が良くなることになります。

上記の略算でも、0.1数値が上昇します。

基礎断熱ではなく、床上断熱工法でありつつ、

建物の体積が少ない条件で、気密が高い。

ということが、冷暖房を効率的に効かせるために必要になります。

英設計では、シロアリ対策の効果も考慮して、

基礎断熱ではなく、床断熱工法を推奨しています。

(基礎断熱・床下エアコンをご希望の方は、

 工法の特性や、メリット・デメリットを共有させていただいて、

 ご納得いただいての採用になります。)

このほかにも、

より、精度が高く、効果的な気密性能を実現するために、

気を付けるポイントなどもあります。

詳しく知りたい方は、ぜひ事務所でお話いたしましょう。

 

マニアックなご質問大歓迎です。

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

4月イベント 正しい家づくりの進め方 |賢い住まいづくりの勉強会 WEBセミナー