暮らしのコラム

住まいをどんなに断熱性能がよく、デザインが格好良くても、
万が一の地震に対応できる計画ができていないと、
「健康で、安心・安全に永く暮らす」ことが難しくなります。

英設計では、
「見えない部分」をしっかりと設計事務所の「監理」という公平性を持ちながら、 ご契約の設計図面のもとに、建築主の「代理人」という立場のもと、現場の見えなくなってしまう部分を確認していきます。


壁紙や・床材、住宅設備といった表面彩る材料も、もちろん大切です。
ですが、これらは、張替や入れ替えによって更新することができます。
しかし、
暮らしを支える住まいの「基礎」や「耐震構造部分」を作り直すことは簡単にできることではありません。

暮らしの安心・安全を支えるためには、「耐震」を思い浮かべる方も多いと思いますが、
「断熱の前に気密」があるように、
「耐震を考える前に「基礎」」をしっかりとした計画にすることが大切です。



昨今の災害から生まれる「想定外」という状況に対し、
可能ならば、対策が取れるのであれば、災害における被害を最小限に抑えられるように提案したいと思います。
そのための提案が「構造計算した基礎構造」・「スーパージオ工法」・「耐震設計」です。

メーカーHP:こちら 地盤対策協議会【クリックで移動します】

スーパージオ工法とは、地盤改良工法の1つになります。
最近開発された工法ではなく、実は「置換工法」というかねてから活用されてきた地盤改良工法の1つであり、
2011年以降の震災を含む日本各地での大震災を経て、災害時における地盤崩壊を防ぎ、免震・減震効果を実証された、実績のある地盤改良工法になります。

スーパージオ工法は、さまざまな条件下で施工性、補強効果を実現します。
信州では、岡谷・諏訪湖周辺など、地盤改良が必須とされるエリアにおいても、
鋼管杭やPC杭、柱状改良工法などの代替案としての可能性を秘めています。

「耐震の前に「気密」」が大切であるように、「耐震の前に「基礎」」が大切であり、「基礎を考える前に「地盤の液状化」」を考える必要があります。

地盤の設計をするうえで、
液状化の対策をすることが非常に重要視され、鋼管杭、PC杭、柱状改良では対策しにくい液状化対策にも効果を発揮します。

地盤がきちんと固さ(強度)を維持していないと、建物の安全性を維持することが難しくなります。

地震時の振動により、地中の水分が地中の砂粒飽和状態に達し、地盤の固さ(強度)がお豆腐のようにプルプル状態になり地盤としての固さ(強度)を維持できなくなることが、

液状化 です。

スーパージオ工法は、液状化対策として安定的に効果を発揮することが確認されており、液状化を防止する効果を発揮することで、建物の基礎から支える地盤の強さを確保します。


【液状化 対策】


【地震対策 対策(免震・減震)】

【動画:液状化対策の様子】:クリックでyoutubeへ移動します。
【動画:震動試験 実験の様子】:クリックでyoutubeへ移動します。


地盤調査をして、地盤改良が必要な敷地においてはもちろん。地盤調査結果において、地盤改良が不要な現場であっても、採用することで大地震時の地盤から伝わる揺れを建物に伝わるのを減らす効果があります(免震・減震効果)。

SG工法 スーパージオ工法 英設計 免震 減震 ナガノ 長野

スーパージオ工法の施工は、
基礎下にスーパージオ材を敷詰、地盤と基礎構造体を絶縁します。
必要な材料の設計は、地盤調査のデータと。建物重量を総合し、スーパージオ工法の開発元である地盤対策協議会において、地盤強度をもとに必要な強度が確保できるように、英設計とともに設計にあたります。


免震工法と聞くと、とても高額なイメージを持たれる方も多いと思いますが、スーパージオ工法は従来の免震工法とは異なり、施工費用も抑えることができます。
建物の規模と地盤調査データにもよりますが、地盤改良の不要な現場であれば、材料と施工費用を含めてもおおよそ100万~120万円程度になります。

ちなみに、英設計では、オープンシステムによる分離分割発注をさいようしていますので、スーパージオ工法を採用するからといって、特別な費用を上乗せすることはありませんので、適正価格でスーパージオ工法をご採用いただけます。

英設計は、長野県でスーパージオ工法を採用するにあたり、採用現場において取材を受けました。

そして最後に、
スーパージオ工法を採用する大きな安心補償があります。

安心して暮らしたい。
子供の成長期に震災に遭遇して、大切な住まいで暮らすことができなくならないよう、スーパージオ工法では、もしもの時の補償を提供しています。
10年ごとの補償更新が必要ですが、火災保険の特約である地震保険に比べると、その保証額の範囲が多くく異なります。

火災保険の地震保険は、火災保険加入金額の50%までの補償。
仮に、2500万円の火災保険に加入したとしても、地震保険で補償される額は、50%の1250万円までとなるのです。

スーパージオ工法の最大3億円保証に比べると、大きく差が開いてしまいます。

家族の大切な暮らしを思い描いて、大切に考えた住まい。
もしも。が、起きてしまったときに、
その後の暮らしが、依然と同じように続けられるために。

安心して、安全な暮らしを家族に贈るため。
少し、コストアップしてしまうと思いますが、大きな安心を家族のために。
スーパージオ工法を取り入れてみませんか。

さらなる詳しいお話は、お気軽にご相談ください。
実際に施工した経験からもご説明させていただきます。

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

【完成見学会】こだわりの書斎と趣味部屋のある暮らし | 第154回 賢い住まいづくりの勉強会