暮らしのコラム

エコ・省エネ住宅にこだわる

光熱費が高騰している中、

生活の大切な基盤である、住まいの光熱費を抑えることはとても大切です。

 

信州の場合、

年間光熱費の約半分(1/2)が「暖房費用」

年間光熱費の約 1/3が「給湯費用」(お湯を作る光熱費)

に該当します。

上記に表示されるように、

一般的には、暖房にかかるエネルギーが多いことが分かります。

(コラム「光熱費を下げる ~家づくりの前に考える①~」もご覧ください)

 

つまり、

暖房と、給湯(お湯を作るエネルギー)の両方を省エネ化することが効果があります。

 

今回は、「暖房費用」に直結する、

断熱、気密、について、お話をしていきます。

 

窓の断熱強化を検討する

建物全体で、熱の出入りが激しいのが「窓」

実は、建物全体で、熱の出入りが激しいのが「窓」で全体の約50%近くもの

エネルギーの損失をしています。

 

したがって、

窓の断熱性能を強化することが、

あたたかい住まいを計画するうえで、とても大切なポイントになります。

 

アルミ製の窓では、断熱性能を確保することができません。

外側がアルミ製で内側が樹脂製の窓でも、まだまだ断熱性能は乏しいのが現実です。

 

窓サッシは、外も中も、樹脂でできたサッシにすることが最低限です。

ペアガラスでも問題ないですし、トリプルガラスが可能であれば、

トリプルガラスもオススメです。

 

同時に、

まだまだ、普及促進がこれからですが、

木製サッシも断熱性能の向上には、おススメしています。

 

木製サッシも、建物すべてに採用するのではなく、

一部採用も可能ですので、検討をしていきたいですね。

コストはアップしますが、快適性は向上します。

  

「高性能化すると、窓が小さくなる」は間違い

「断熱性能を高めていくと、窓が小さくなるんでしょ?」

というご相談をいただくことがあります。

 

これって、とても重要な間違いをしている設計が多いです。

それは、なにか?

 

「断熱性能の計算書のみで、暖かい家を決めつけている」

という、大きな失敗になってしまうことがあります。

 

もう少し具体的にお話をすると、

① 計算書の断熱性能は非常に高いが、

 周りからの日影が多く、太陽の陽ざしが入らない

② 窓が小さくて、すごく閉鎖的な設計になっている(チカラ技の高断熱)

 

①の場合は、

断熱性能はあるかもしれないけれど、室温が上がりにくい設計。

特に、建物周辺の日影の状況を加味していない場合。

暮らし始めてから、つらいです。。

②の場合は、

そもそも、窓が小さくて窮屈で暮らしにくい。

 

ということに陥りがちになります。

(①、②について、日影や陽ざしについてを含めてYoutube動画で解説しています)

(このページの下に、youtube動画をリンクしておきます)

 

暖かい住まいすることはとても大切です。

その代わり、窓が小さくなります。

というのは、許容できるお話ではありません。

断熱性能を高めつつ、窓を開放的に大きく設計することも可能です。

(もちろん、耐震等級3も確保しつつが鉄則!)

 

実際に、南面にたくさんの開口分を設けたお客様からも、

「暖かくて、快適。」というご感想をいただいています。

 

パッシブ設計が実現できていくと、

アパートや賃貸では、「窓辺が寒い!!」という気持ちから、

晴れた日には、「窓辺がここちよく、ポカポカしてきます」

  

太陽の陽ざしが室内に取り込まれるように設計する

これが、なかなか難しいけど、

窓の断熱性能を向上させた後に、これがとても重要です!

 

敷地を見たときに、

どこから日影の影響を受ける土地なのか?

 

これを見極められるかが、暖かい家をつくるカギになります。

ここを建築士とお施主様が一緒にイメージを共有しながら、

土地を選んだり、決定した土地の中で、

どこに太陽の陽ざしが入るか、どこに、日影がくるのか。

 

間取りを考える前に、ここを考慮しないといけません。

 

暮らしやすい間取りは、

動線から決まるのではなく、

敷地形状と、日影の位置によって決まるといっても過言ではないと思います。

 

間取り優先で家作りがスタートしてしまうと、

暖かく、快適、、、とは言えない結果になってしまうかもしれません。

 

規格住宅の場合は、敷地にどうやって建物をはめ込むか、

ということで、方位や南面にリビングを持ってくる、

ということが叶わなかったりすることがあります。

 

家作りは、バランスが重要です。

全体のメリット・デメリットをきちんと説明してくれる、

一級建築士と一緒に進めたいですね。

 

自由設計で、暖かい住まいにこだわるためには、

こだわりをもって、設計に時間をかけることも大切だと思います。

  

外張り付加断熱も検討する ~気密も大事~

高断熱化を進めていくにあたっては、

外張り付加断熱も重要です。

 

断熱材としての厚みを増やして、断熱性能を高めることができます。

 

ここで、重要なのは、

断熱性能を高める、ということによる効果は、

「保温性を高める」

ということになります。

 

室内に蓄えた「暖房エネルギー」が外に漏れださないように、

建物全体を断熱材でくるむことで、効果を発揮します。

 

外張り断熱に、「グラスウール」を採用することもできますが、

熱橋(ヒートブリッジ)といって、

断熱の弱点になってしまう部分も生まれてしまうので、

ボード系の断熱材で、建物全部をぐるりとくるんでしまうのがオススメです。

  

室内側からも「気密」をしっかりとりつつ、

外側を断熱材でぐるりとくるむことで、さらに「気密性能」も向上します。

 

断熱と気密は、切っても切り離すことができない、

重要なポジションです。

 

気密をしっかりと確保して、断熱材を施工する。

この順番は守りつつ、暖かく快適な住まいを計画したいですね。

(気密:C値とは?? →こちらのコラムをご参照ください)



太陽光パネルもまだまだ効果的

「太陽光パネル」って、効果ないんでしょ?

というご質問をいただくことがありますが、ぜんぜん効果あります。

 

光熱費が高騰してくると、

太陽光パネルがのっていて、よかった~。と思うことがほとんどです。

 

同時に、

自分の家で、創ったエネルギーを自分の家で消費することが

これからは必須になっていきます。

 

太陽光パネルは、いかにコストを抑えて購入できるかが大切になるので、

工務店の利益目線や、デザイン目線で否定する場合は、

太陽光否定派になりがちになっているかもしれません。

 

英設計のオープンシステムでは、

業者見積ごとへの利益計上していないので、

太陽光パネルを原価で導入することができます。

 

売電価格は下がってきていますが、

従来に比べ、太陽光パネルのコストも下がってきているので、

メリットは出ますし、

11年目以降も太陽光パネルが発電はしてくれるので、

自分の家で、電気を消費していくことに、

電力消費コストを抑えることに役立ってくれます。

 

目先の投資感で、メリット、デメリットを判断してしまうと、

長い人生の中で、光熱費が高騰していくと、

やっぱり載せておけばよかった、、、

となってしまうかもしれません。

 

ちなみに、

5年くらい前から、

英設計の家づくりセミナーなどでお伝えをしていた、

「経産省の統計では、年々2%ずつ、光熱費は上昇しています。」

ということが、目に見えてわかるようになってきました。

 

しっかりと、設計してくれる建築士の方と相談をして、

自分たちに合った答えを見つけたいですね。

そのための資料は、たくさんご提案します。

 


**光熱費を抑えるコラム**

こちらも併せてごらんください。

 

公式LINE も 家づくり情報発信中

****公式LINE ・ youtube で家づくり情報発信中****

公式LINEでお友達登録いただくと、

断熱気密のポイントをお伝えした動画をプレゼントしています。

公式LINEのメニューから、youtube・施工実例も見ることができます。

Youtubeのチャンネル登録もお願いします。


Youtube動画で、陽ざしの取り入れ方の説明を公開

英設計のYoutubeチャンネルになります。

動画で、模型を使いながら説明しています。

チャンネル登録もよろしくお願いします。

 


**【併せて読みたい】**

記事一覧へ戻る

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

12月 平屋 完成見学会 & 断熱構造見学会