暮らしのコラム

暮らしの間取りを考えていくうえで、コストとのバランスを考えることがあります。

とことんローコストで行く場合は、やはり間取りがすでに出来上がった、
「規格(企画)住宅」にはコストの面で追いつかせるのは難しいかもしれません。
なぜならば、ほぼほぼ設計に対するコストは、無し(ゼロ)で組み込まれている場合が多いからです。

つまり、2~3棟同じ間取りや図面が使いまわせれば、
設計料というコストは、工事費の中で吸収することができるのです。

その反面、
間取りはすでに決まっているので、変更することができません。
(まれに、できるものもありますが。)

私たちは、「設計事務所」。
毎回同じプランを使いまわすようなことはありません。
ですので、
ちょびっとばかり、設計料が必要になり、全体のコストのなかで、
費用が掛かります。

ですが、
気を付けていることがあります。

それは、

暮らしの間取り・プランに「ワクワク」してもらうこと。

そして、
「その土地、そのお施主様(建築主)だからできること」を
盛り込むことに必死になっています。

大切なのは、きちんと敷地を理解して、
敷地に対して、その場所だからできること、
その場所だからできる光の取り込み方。
その場所だからこそ、見える「景色」をデザインすること。

に気を付けています。

設計料を含めた建築コストが高くなりすぎないよう、
冷暖房費を含めた、日々のランニングコストも抑えられるような設計となるように。

ワクワクしたプラン。
一生懸命ご提案します。
「暮らし」「住まい」に対する、「想い」、「気持ち」、「夢」

いっぱい聞かせてください。

一緒に考えましょう。

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

【賢い住まいづくりの勉強会】防災型住宅~台風・地震・停電時に家族を守れる家・守れない家~