スタッフブログ

英設計では、全棟全物件、現場で気密測定を行います。

やはり、

同じ木造住宅で、軸組み工法で設計していても、

現場ごとに、多少「漏気(すきま風)」が発生する場所にばらつきがあります。

理由として考えられることは、

・木材の加工精度の差 (マシンカットでも差は出ます)

・天候や気温、湿度による木材のわずかな収縮状況の差

・施工途中に挟まってしまう、わずかな木材の破片など・・・

理由はそれぞれではありますが、

住まいは、工場の無菌室で作られるわけではないので、

現場で「生もの」として、創り上げられています。

モデルハウスと同じだから、同じ気密性能、

ということは決して無いのです。

作る人の手が違えば、当然に変わってきます。

予期しない部分が、うまく施工できていない、ということがあるかもしれません。

気密が悪い部分、というのは、目に見えないのです。

だから、気密測定が重要なのです。

しかも、最近の英設計では

お施主様にもご参加いただいて気密測定を行います。

当たり前のようにやっているけれど、

よくよく考えると、もし現場で気密が取れなかったら・・・

と思うと、ドキドキしますね。

目の前で測定するのですから。

でも、「気密の勘所」は、

現場の職人さんも、英設計も抑えるべきところが分かってきているので、

C値=0.4 以下はスタンダードになっています。

直近の気密測定も、

・C値 = 0.1

・C値 = 0.2

・C値 = 0.2

と、順調です。

(写真の上から、4段目の C=0.1 cm2/m2 が気密性能です)

気密がすべてではないですが、

暖かい住まいを計画するうえで、

断熱を語る前に、気密処理がしっかりとできていないと、

机上の断熱性能になりかねません。

設計をした断熱性能を実現するための、

大切な指標としての、気密測定があると思います。

 

だから、英設計は、

気密測定を重要な施工の検査として位置付けています。

ちなみに、

まわりの建物から冬に日影をもらわないようにして、

日射取得を最大限確保することも超重要です!

記事一覧へ戻る

お問い合わせ

※相談は無料です。調査研究、作図等の実費を伴う作業が必要な場合は、事前にご説明して進めさせて頂きます。

12月 平屋 完成見学会 & 断熱構造見学会